手数料一覧

ホーム > 手数料一覧

手数料一覧

建築確認・検査

令和元年10月1日より

建築物【別表1】

右スクロール →
床面積の合計確認申請中間検査完了検査仮使用認定
構造計算書構造計算書
添付なし添付あり
100㎡以下25,000 円50,000 円25,000 円25,000 円60,000 円
100㎡超~200㎡以下35,000 円60,000 円35,000 円35,000 円70,000 円
200㎡超~500㎡以下50,000 円100,000 円50,000 円50,000 円100,000 円
500㎡超~1000㎡以下90,000 円150,000 円90,000 円90,000 円150,000 円
1000㎡超~2000㎡以下120,000 円200,000 円150,000 円150,000 円200,000 円
  • 天空率の審査を要するものは、別途審査料5,000円を申し受けます。
  • 構造計算書添付ありで、ルート2基準審査が必要な場合は、別途審査手数料を申し受けます。
  • 同一棟の増築を行った場合、付加手数料を申し受けることがあります。
  • 計画変更の手数料については申請窓口にお問い合わせください。
<同一団地内で同時に5件以上一括して申込みした場合、1件当り下記の料金を割引します。>
右スクロール →
床面積の合計確認申請割引料金中間検査割引料金完了検査割引料金
100㎡以下1,000 円1,000 円1,000 円
100㎡超~500㎡以下2,000 円2,000 円2,000 円
500㎡超~2000㎡以下3,000 円3,000 円3,000 円
<ルート2基準審査に関する確認手数料>(別途審査手数料)
右スクロール →
床面積の合計確認審査手数料
200㎡以下110,000 円
200㎡超~500㎡以下140,000 円
500㎡超~1000㎡以下160,000 円
1000㎡超~2000㎡以下180,000 円

昇降機、小荷物専用昇降機【別表2】

右スクロール →
確認申請完了検査仮使用認定
型式部材等製造者認証を受けたもの¥25,000¥33,000¥33,000
上記以外のもの¥45,000¥50,000¥50,000

工作物【別表3】

右スクロール →
確認申請完了検査仮使用認定
令第138条第1項に掲げるもの¥50,000¥30,000¥30,000
令第138条第2項及び第3項に掲げるもの¥60,000¥40,000¥40,000

適合証明(フラット35)

令和元年10月1日より

新築住宅

一戸建て住宅
右スクロール →
内容設計審査中間現場検査竣工現場検査
Sなし当機関確認11,000 円11,000 円22,000 円
竣工済特例(自社確認物件)33,000 円
竣工済特例(特庁確認物件)66,000 円
特庁確認物件・他機関確認物件・確認不要物件33,000 円33,000 円33,000 円
S付き※1当機関確認33,000 円11,000 円22,000 円
竣工済特例(自社確認物件)55,000 円
竣工済特例(特庁確認物件)88,000 円
特庁確認物件・他機関確認物件・確認不要物件33,000 円33,000 円33,000 円
共同住宅・長屋(10戸以下)※3
右スクロール →
内容設計審査中間現場検査竣工現場検査
Sなし当機関確認11,000 円11,000 円22,000 円
特庁確認物件・他機関確認物件・確認不要物件33,000 円33,000 円33,000 円
S付き※1当機関確認33,000 円33,000 円33,000 円
特庁確認物件・他機関確認物件・確認不要物件55,000 円33,000 円55,000 円

中古住宅

一戸建て住宅・共同住宅・長屋(リノベを含む)(10戸以下)※3
右スクロール →
内容設計・現場検査摘  要
1戸建て
住宅
・型式認定を受けたもの(木造扱い)
・新築時に旧住宅金融公庫の融資を受けたもの
88,000 円※申請窓口にお問い合わせ下さい。
内容により、お引き受けできない
場合があります。
共同住宅
長屋
・型式認定を受けたもの(木造扱い)
・新築時に旧住宅金融公庫の融資を受けたもの
110,000 円

賃貸住宅融資

共同住宅・長屋(10戸以下)※3
右スクロール →
内容設計審査中間現場検査竣工現場検査
当機関確認33,000 円11,000 円22,000 円
特庁確認物件・他機関確認物件・確認不要物件55,000 円33,000 円55,000 円
  • ※1 下記の申請についてはSなしとして区分する。
    ・フラット35S(Aプラン)の省エネルギー性の申請において下記のいずれかを提出した場合住宅事業主に係る適合証(写し)
    認定低炭素住宅であること又は集約都市開発事業計画が認定された住宅であることを証する書類(写し)
    ・フラット35S(Aプラン)の耐久性・可変性の申請において長期優良住宅であることを証する書類(写し)を提出した場合
  • ※2 計画が変更した場合の手数料については申請窓口にお問い合わせください。
  • ※3 10戸超の場合は1000円×(戸数-10)を加算(税抜)
  • 申請書式ダウンロード
  • 手数料一覧
  • アクセス